トップページ >> 森家の歴史
森家の歴史
外国語文からの翻訳が含まれるため、文章に一部不適切な箇所があります。ご了承ください。
 
(平安末期・12世紀)
森家の家伝的な逸話から紹介したもので、正直なところ史実と断定することは難しいですが、森家の出自といわれている時代のお話です。

 
(鎌倉時代・13世紀)
この時代もまだ森家の家伝的な時代です。確たる証拠が見つかっていません。吾妻鑑に登場する逸話から幾つかご紹介します。


(戦国時代・16世紀)
この頃、美濃の豪族であった森家は織田信長腹心の武将として、頭角を現します。森可成や、小姓として有名な森蘭丸もこの時代の人物でした。

 
(戦国時代末期・16世紀)
戦国時代は天下人が次から次へと代わる動乱期で、処世術は重要な保身術でもありました。信長死後の森長可や森忠政の動向を紹介します。


(江戸時代初期・17世紀)
戦国の世を生き抜くことに成功した森家は、家康によって一国の大名に取り立てられます。江戸幕府内における森家の立場と、その役割を覗きます。


(江戸時代初期・17世紀)
外様大名は「一国の大名 = 一族の繁栄を保障」ではありませんでした。幕府の外様冷遇政策から逸脱するための足固めに忠政は勤めます。


(江戸時代中期・17世紀末〜)
長い森家の歴史で、この時代が最も豊かで繁栄、且つ安定した時代でした。僅か90年しか持たなかったこの全盛期の一部を紹介します。


(江戸時代中期以降・18世紀〜)
若き藩主の病死と、お家騒動によって森家は憂い目の始末となりました。しかし、分家の各家が存続を認められ、やがて御家再興となります。
Copyright©2009 mori-family.com. All rights reserved.
当サイトに掲載されている内容(文章・写真および画像など)の一部または全部を、無断で使用・転載することを固くお断りいたします。